転職したいなら、まずは転職サイトを比較して事前準備が重要!

MENU

自分に合った仕事を見つけられる!転職サイトの探し方

転職したい!と思ったらいきなり会社を辞めるのではなく、転職サイトを活用して事前準備することが大切です。
転職サイトで自分の市場価値を冷静に分析することがえきます。

 

自分一人ではわからないときも専門のエージェントがアドバイスしてくれる転職エージェント型や登録しておけばスカウト募集をかけることができる転職スカウト型など様々な転職サイトがあります。
自分にあった転職サイトでしっかり事前準備をすることが転職の成功の鍵になります。

転職サイト比較《MENU》
  1. 転職サイト種類|転職エージェント型と転職スカウト型
  2. 転職エージェント型の活用方法
  3. 転職スカウト型の活用方法
  4. 第二新卒の転職サイト活用方法
  5. 女性の転職サイト活用方法
  6. 年齢別による転職サイト活用方法
  7. 自分の市場価値を高めて転職を実現する方法
転職サイトの種類にはどんなものがあるの?

転職サイトの種類には、幅広く求人、転職相談や面接サポートがあるエージェント型の転職サイトと会社から指名(オファー)されるスカウト型の転職サイトがあります。

 

転職エージェント型の特徴

大手のエージェント型の転職サイトは非公開の求人の数が多いので自分の探している仕事を見つけやすいでしょう。キャリアコンサルタントに自分の長所や短所など客観的にアドバイスしてもらうことで、面接などで何に気をつければ良いのかわかる場合もあります。
転職エージェント

【転職エージェント型】の詳細はこちらから確認できます!

 

転職スカウト型の特徴

スカウト型転職サイトは自分の持っているスキルや経験などプロフィールを魅力的に会社に伝えてくれます。スカウト型の場合は待っているだけなので、自分でも探すと選択肢の幅が広がります。自分に合った転職サイトを選びましょう。
転職スカウト

【転職スカウト型】の詳細はこちらから確認できます!

 

転職サイトを活用するメリットとは

転職しようと考えて、自分1人で探して見ると不安なることもあるでしょう。エージェント型の転職サイトは、不安や気になることを相談できるメリットがあります。

 

転職相談は「自分の強みが何なのか」を客観的にアドバイスしてくれるものです。他人から指摘されることで自分でも気が付かない長所や短所がわかります。また履歴書の添削や面接のときに、気をつけるポイントなどを教えてくれるので面接対策できます。

 

スカウト型の転職サイトは自分のスキルを生かしたい人に良い転職サイトです。
会社から指名(オファー)がくるか不安ですが、それも経験と考えてチャレンジすると良いでしょう。

どの転職サイトが自分に合っているか見極めよう

「転職したい」そう思って、何回も複雑な検索条件を入力するのは大変ですよね。転職サイトに会員登録すると自分の検索条件が登録できるので、簡単に調べることができます。お知らせメールのサービスを受けると転職サイトにアクセスしなくても自分の条件にあう職場を、お知らせメールで受け取ることができます。

 

自分がアピールする所がわからないと不安になる人には転職相談が出来るサイトを活用してみてください。潜在的な自分の能力に気づくことが出来るかもしれません。また履歴書の添削面接対策などが利用できる転職サイトもおすすめです。

 

さらに年収や条件などの交渉を会社としてくれる転職サイトもあります。アドバイスを受けるには面談が必要になります。アドバイスを受けることによって自分に合う転職を見つける機会が増えるでしょう。

転職を考える方は必見!転職エージェントとは|転職サイトとの違い

転職サイト,比較,転職エージェント

転職サイトとは違う!転職エージェントの仕組み

転職エージェントですが、まず転職サイトとの違いを説明します。転職サイトは比較的募集人数が多い大量の求人情報を公開します。その中で自分に合う求人を自らが探し、企業への応募も、面接のアポどり等も自分で行います。

 

それに比べ転職エージェントは非公開の求人情報が多く保有していますので、競争率の少ない求人にたどりつける可能性が高いです。また、登録されている企業は比較的優良企業が多いため、現在の企業よりも好条件の企業へ転職できる可能性が比較的高くなります。
ほかにも、転職サイトと違い必ずキャリアアドバイザーがつくシステムになっています。

  • 転職先の希望
  • 条件等の相談
  • 面接のアポ取りや日程調整
  • 履歴書や職務経歴書の書き方・アドバイス

等も行ってもらえますし、キャリアアドバイザーから企業に転職希望者のアピールも行います。

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントのメリットは、キャリアアドバイザーが様々な企業をリサーチした上で、自分に合う求人案件を探してきてくれるところです。
転職を検討する方が、知らない企業情報裏情報等を事前に教えてもらうことができます。また採用担当者がどういう人柄でどのようなタイプを好むかとかも事前に教えてもらうことができます。

 

さらに面接のアポ取りや日程調整、履歴書や職務経歴書のアドバイスも行ってもらえるため、転職に不慣れな方が常識面での問題で小石につまづくことを回避してくれるところが転職サイトと比較したメリットです。

 

ではデメリットは?

キャリアアドバイザーは企業側の都合も多少考慮します。企業側の人材不足が深刻な状況の場合、企業側の立場に立ち、企業の良い面を誇張したり、悪い面を隠したりすることもなくはありません。

転職エージェントは転職サイトと比べて有利?

上記に記載した通り、転職エージェントには転職サイトには無いメリットもあれば、デメリットもあります。どちらが絶対に良い、ということではありませんが、転職したい会社がどのような企業で、どのような職種を希望するかがある程度決まっている場合は、転職エージェントを活用したほうが効率のよい転職活動ができるでしょう。

 

また、希望業界や希望職種が何も決まってなく、ぼんやりしている状況であれば、気持ちが追いつかないこともあるかもしれませんので、幅広い案件にまず目を通せる転職サイトのほうがいい場合もあります。

転職エージェント活用のまとめ

まず転職サイトで全体の動向や流れ、条件を把握し、ある程度自分で知識をつけましょう。希望する業界や職種がぼんやりとみえてきてから転職エージェントにお願いすると、効率のよい転職活動ができるでしょう。

転職エージェント

【転職エージェント型】の詳細はこちらから確認できます!

スカウトを活用して仕事を探す転職方法とは!

転職サイト,比較,転職エージェント

転職スカウト型のサイトとはどんなもの?

転職に役立つ情報を得たり求人情報を手に入れたりするのによく用いられるのが転職サイトですが、その中には転職スカウト型と呼ばれるものがあります。これはそのサイトに登録を行うことで自分のPR広告を掲載してもらうことができる転職サイトであり、スカウト募集をかけることができるのが特徴です。

 

自分に優れた能力があるということをアピールして、人材を探している企業からオファーをかけてもらうのを待つという形で転職先を探すことができます。企業から提供されている求人広告を見て自分で選ぶのとは真逆の方向性があることから、逆求人とも呼ばれている転職方法です。
転職スカウト型では、

  • プロフィール
  • 学歴
  • 職歴
  • 自己PR

などをフォーマットに従うか自由記述の形式で転職サイトに提出して登録できるようになっています。

転職スカウトにある二つのパターンの紹介

転職スカウト型の転職サイトに登録してスカウトを募集するときにはオファーの形式に二つのパターンがあることは理解しておきましょう。どちらのパターンでのオファーを受けられる転職サイトかも確認した上で登録するのが賢明です。

オープンオファー

一つはオープンオファーです。スカウトの形式として求人募集についての紹介を受けることができるものです。自分のPRを見た企業から求人に募集して欲しいというオファーを受けられます。これに対して返信すれば容易に求人に応募できますが、他人との競争は免れません。

プライベートオファー

もう一つはプライベートオファーです。面接を実施したいというオファーが得られるのが通常です。これに対して希望する旨の返信をすると一般求人とは別に面接を受けられるためオープンオファーと比較して採用される可能性も高いと期待できるでしょう。

スカウト転職を活用するメリットとデメリット

スカウトを活用して転職を行うのにはメリットもデメリットもあります。

スカウト転職のメリット

自分の能力を正確に記述してPRを行うことにより、自分の能力を欲している企業から目をかけてもらえる可能性が高くなります。力や経験を生かして活躍できる現場を獲得できる期待が高いのがメリットです。それに応じて給与などの待遇も高いことが多く、より高みを目指して働いていきたい人にとって魅力的になっています。

スカウト転職のデメリット

しかし、デメリットとして需要に合っている高い能力がなければならないという点は忘れてはなりません。客観的にPRできる能力や資格、経験などを持っていないとオファーがなくて転職できない状況になる場合もあるのです。また、PR内容が正確でないとうまくマッチングができずに望みでない仕事を任されてしまうリスクもあるため文章力も必要になります。
転職スカウト

【転職スカウト型】の詳細はこちらから確認できます!

第二新卒の転職は難しくない!

第ニ新卒

第二新卒が新卒よりも評価される場合もあります

第二新卒が転職を成功させるためには、転職サイトを有効活用し、複数のサイトを利用してみることが重要になります。新卒就活の際にやっているのでわかるかもしれませんが、基本的な流れは同じです。そして、新卒よりも転職の方が面接を進めやすいというメリットがあります。

 

第二新卒は一度挫折しているので、その点を買う企業も存在します。また人によっては後がないという意識を持っています。もちろん逆に何度も辞めるタイプの第二新卒もいるのですが、その場合は転々とすることになります。本人も自分の特性を考えて、フリーランス化するなどの対策を取った方が良いでしょう。

 

企業によっては一度挫折した第二新卒の人に期待する場合もあります。その場合は面接で積極的に反省していることをアピールすると良いでしょう。

新卒よりも第二新卒は有利!?前職での経験をアピールしよう

人にもよるのですが、新卒の場合は採用面接の際に、学生時代の話をすることになります。はっきり言って志望動機などを直接業務に絡めることが難しいのです。面接官も何を基準に判断すれば良いのかいまいちわかりにくくなるのです。

 

第二新卒の場合は会社での業務を経験しているので、そのときのことを面接でアピールできます。辞めた理由や、現在転職先の会社を志望している理由があるでしょうが、それを前職での経験を絡めて説明します。状況にもよりますが、前職での話は大学生活の話と絡めるよりは楽でしょう。

 

また上記のように、前職での挫折経験が買われる場合もあります。そして、重要なことは新卒の就活の時期を考えることになります。タイミングが悪いと受かるものも受からなくなるので、新卒就活に合わせるか、むしろまったく別のタイミングにずらすかの選択が必要です。

第二新卒は転職のタイミングが重要!

転職が難しい時期は、ずばり新卒が入ったタイミングの直後です。第二新卒は新卒とそれほど経験に差があるわけではないので、社会人研修などを一緒に行う場合も多いです。

 

もちろん多少は経験している分第二新卒の人の方が慣れてはいるのですが、最初に研修を一緒に行うことで、教育担当の人も楽になります。そのため新卒が研修を始めた後に転職することは難しいでしょう。タイミングが悪いと言わざるをえません。

  • 新卒採用の影響をまったく受けないタイミングで転職活動を行う
  • 入社時期を新卒採用と合わせる

このどちらかが良いでしょう。
第二新卒ではなく、ある程度の年齢の人の転職の場合は新卒とはまったく関係はありません。
しかし第二新卒の場合は新卒採用の影響をもろに受けるので、その点は考慮しておいた方が良いです。
第二新卒

【第二新卒】の詳細はこちらから確認できます!

女性が転職を考えるときに知っておかなければいけないこと

女性転職

女性と男性で違う転職事情

男女雇用均等法が施行されて30年以上。女性が働くことは当たり前の時代になりました。しかし、女性が転職を考える際にはどうしても男性とは違う点があります。女性のキャリアプランは、

  • 結婚
  • 出産
  • 育児
  • 配偶者の転勤

など家庭の事情を考えに入れておかなければならないということです。
精神的に余裕をもって納得のいく転職をするためには、仕事を辞めずに転職活動をするのが望ましい方法です。働きながらの活動は時間的な制約がありますので、転職サイトを上手に活用しましょう。

 

転職サイトでは、

あなたが希望する業界の動向

女性が長く働き続けられる企業に関する情報

など、貴重な情報を持っていることが多いものです。履歴書の書き方や、自己PRの仕方に関するアドバイスを個別にしてくれる場合もありますので使わない手はありません。

女性は年齢別のアプローチがマスト

転職は年齢が高いほど不利になります。できるだけ若いうちにキャリアプランをしっかりと考えて、転職をするなら早めに行動を起こしましょう。自分にあったよい企業に出会うために、求人傾向を調べ柔軟な選択基準を持ちましょう。

20代の転職アプローチ方法
20代であれば、正社員に限定せずアルバイトから正社員登用をしている企業も視野に入れてみることが大切です。
30代以降の転職アプローチ方法

30代以降は即戦力や、マネジメントのスキルを問われる傾向があります。現職でアピールできる実績を残すことが大切です。

転職は資格より経験!前職での経験や実績を生かしたアプローチ法

高卒で転職活動をする人は、学歴に不安があるので資格を取得することを考える人もいることでしょう。資格はあればこしたことはありませんが、企業は資格よりも経験を求めていることが多いものです。資格も経験もない場合は、ポテンシャルをアピールすることになります。

 

転職の場合、企業は即戦力を求めていると言われますが、スーパーマンを求めているわけではありません。前職での経験や実績は、アピールの仕方次第です。

 

まずは、現在の仕事の内容や経験を細かく書き出すことから始めてみましょう。ポイントは、心がけてきた点や実際に行った行動を具体的にすることです。実績であれば、数字にできると具体性が増します。

 

どのような企業や職種もコミュニケーション能力や柔軟性、学習能力など、社会人の基礎的能力がある人材を欲しがっています。前職での経験や実績は、社会人としての基礎があることをアピールする場でもあるのです。

前職での経験をまとめられない人は、他人のアドバイスを受けてみよう!

特に転職エージェントを活用すれば、自分では気づかなかった点など客観的なアドバイスが期待できるでしょう。

女性転職

【女性の転職】の詳細はこちらから確認できます!

年齢によって大きく異なる転職サイトの活用方法

転職サイト,比較,転職エージェント

若さかキャリアかを考えて転職

転職を思い立ったときには年齢別にどのように転職を有利に進めていくかを考えることが大切です。段々と年齢を重ねていくことで実力重視の考え方が強まっていきます。

  • 20代~30代前半・・・若さを生かしてポテンシャル採用を目指していくこともできるでしょう
  • 30代後半・・・専門性の高さやマネジメント能力の有無が問われるようになるのが通常です
  • 40代・・・リーダーとしての資質があることが要求されるようになります
  • 50代・・・戦力として活躍できる力が残されているかが問題になります

このような状況を理解して、年齢ごとに異なる対策を立てるのが転職に成功するコツです。そのために転職サイトを効果的に活用するという視点を持つと成功率も高まると期待できます。

自分のステージに合った転職サイトの活用が重要

転職サイトを活用するときには自分のステージを考えることが重要です。年齢だけで判断するのは難しいですが、このような形で自分のステージに合わせることが肝心です。

年代別転職サイト活用方法

20代で転職する方

20代で転職するというときにはまだ地に足がついていない時期なので、これからのキャリアプランを決めながら適職を探すためにアドバイザーに相談するのが賢明と言えます。

30代で転職する方

30代になるとようやく専門性が獲得されてきた段階になります。その強みを生かした転職が可能かどうかを考えましょう。それと同時に、豊富な求人の中から自分の興味を求められるものを探すのに転職サイトを活用してみましょう。

40代~50代で転職する方

40代から50代になると自分の能力を必要としている企業を探すことが肝心になります。エージェントにマッチングを行ってもらったり、スカウト募集を行って企業からのオファーを求めたりするのが効果的な活用方法です。

転職サイトの活用は年齢ごとに選び出す

転職サイトを活用すると、あなたがどの年齢層であったとしても手厚いサポートを受けて転職に成功する可能性が高まります。しかし、年齢ごとにどの転職サイトを利用するかも吟味するのが賢明です。

 

年齢ごとに転職サイトの最適な活用方法が異なります。そのため、自分の年齢に合った転職方法に特化した転職サイトを選ぶことが非常に重要です。このような転職サイトに登録することで、自分が望んでいるようなサポートを受けられるでしょう。

 

自分がどのような段階にあって、企業からどのように見られるのかを簡単に判断することができる指標が年齢です。人によっては若くして豊富な経験を持っている人もいるでしょう。その場合の対策として転職サイトを利用するときにはアドバイザーやコンサルタントに一度は相談しておくのが大切です。その対応のあり方から信頼できる転職サイトかどうかも同時に判断できて転職の成功に一歩近づくでしょう。

年齢別別転職サイト活用方法

20代転職 30代転職 40代転職 50代転職

自分の市場価値を高めて転職を実現する方法

転職サイト,比較,転職エージェント

転職前に適職診断!自分の市場価値を確認

転職を成功に導くために大切なのが自分の市場価値を高めることです。何をすれば自分の価値を高めて、より良い待遇でやりがいのある仕事に就くことができるのかと悩んだら、まずは自分の現状を理解することから始めましょう。

 

転職サイトを利用して適職診断を行ってみるのが最も簡便な方法です。自分にとっての適職は何かと悩んでいる人に向けて無料診断ツールを提供している転職サイトは多数あります。

 

この適職診断ツールの質問に答えていくことにより、自分の適職を診断してもらうことができます。その業界では自分の市場価値が高い可能性があると言えるでしょう。同時に、自分の社会人としての適性と能力について分析することができます。それに基いて、

転職までに自分が何をすればよいのか

何を企業側にアピールすればよいのか

を考えるきっかけにもなります。

市場価値の高い職種を転職先にすることも一つの手

転職をするときに適職診断と合わせてもう一つ重要になるのが世の中で市場価値の高い職種について知ることです。需要が高い職種ほどそれに見合った年収を与える待遇をしているものであり、転職によって年収アップを図りたいというときには特に重要な観点になります。

 

需要があれば転職の成功率も高まるため、市場価値の高い職種を分析しておくことは大切です。例えば、現在特に社会的に必要とされている、

  • 医療
  • 介護
  • IT

などは現代におけるトレンドであり、それに関連する資格を持っている人は重宝されています。

 

必ずしも年収と需要が比例関係にあるわけではありませんが、資格を取得することで転職に成功できる可能性は高いでしょう。適職診断でこのような業界の職種が候補になっているなら転職は速やかに成功できると期待できます。

自分の市場価値を高めるための職種選び

自分の市場価値を高めるためには「適職診断の結果」「市場分析による需要の高さ」とのマッチングを行うことが大切です。必ずしも適職診断で選ばれた職種が最適であるわけではなく、転職の入り口が狭くて難しい場合もあります。

 

需要が高くて待遇の良い職種をリストアップし、適職診断によって行った自己分析と対照をしてみると近い職種を見出だせるでしょう。最も近いといえる職種を選び、ギャップを埋めるように研鑽を積むことによって自分自身の市場価値をに高めることが可能です。転職までに出来ることを例で以下に上げてみます。

転職までにできる3つの行動
  • 業界研究をする
  • 資格を取得する
  • アルバイトなどで現場経験を積む

市場価値を高めるためには市場での需要を分析して職種を選定し、自分がその需要に応えられるようにするには何が必要かを考えて対策をするのが最も近道になるのです。
適職診断

【市場価値】の詳細はこちらから確認できます!

「転職したい!と思ったら転職サイトを比較して事前準備を行う!」関連情報