年収アップしたい!まずは自分の市場価値を知ろう

同じ会社で長年勤務をしていると、他社の年収や休日などの福利厚生の部分や、仕事の具体的な内容などが見えてきます。

今の仕事や環境に不満を持ちながら仕事を続けるよりも、転職をすることが人生を変えるきっかけになることがあります。

今回はよくある転職理由に触れながら、転職で失敗しないためのポイントについて考えていきましょう。

 

納得のいく労働環境や待遇を求めて

よくある転職理由には、年収が低いことや、職場での人間関係、仕事の領域を広げたいことなどが挙げられるのではないでしょうか。

 

働き始めてから不満に思うことが多い

年収が低いことについては、入社時に昇給制度や給料について重視しなかったり、確認も足りず、業界の全体の給与水準に働き始めてから気付くことで不満になってくるケースが多いです。

給料が思うように上がらない理由を仕事の守備範囲の狭さが原因と考えた場合には、転職をすることで、もっと広い範囲での仕事をして年収を上げようとするでしょう。

その他の理由としては、管理職に挑戦したいという方もいるのではないでしょうか。

 

人間関係やキャリアアップが原因も

人間関係の不満も転職の理由の一つとして挙げられます。

上司とそりが合わなかったり、会社の方針に納得出来なかったりと様々な要因が考えられます。

また、キャリアアップをする雰囲気や環境・制度が無いことで、思うような将来が描けないと考えるケースも多いようです。

自分自身の考え方で解決できる側面はあるものの、会社という組織に属している以上、簡単にはいかないのが実情だと言えます。

 

昇給の少なさは先になるほどデメリットに

現在の職に対して年収が低いと考えていて、その状況を自分で改善できる見込みが無いときは、なるべく早めのタイミング転職をすることをおすすめします。

なぜなら、日本の企業では、業績連動給の制度もありますが、勤務した年数による昇給が重要と見なされているからです。

 

転職するなら、なるべく若いうちに

一年当たりの昇給幅を考えた場合、なるべく若いうちに昇給に満足できる会社転職しておくことでその恩恵は大きくなるといえます。

営業職などでインセンティブをどんどん取る自信がある場合は関係無いのかもしれませんが、全ての職種に共通している項目ではありません。

特にそのようなインセンティブが発生しない事務職や専門職のような職種では、毎年の昇給がより重要な項目になることでしょう。

 

転職の判断を見極めることが大事

現在の職場で給料について会社と交渉することは、あまりおすすめできません。

これは辞令に対して異議を唱えるのと同じことであり、もし転職という選択をしなかった場合のキャリア形成やキャリアアップが難しくなる可能性があります。

冷静に状況を判断し、転職の判断を見極めましょう。

 

大事なのはポジティブな理由を見出すこと

転職をする人を見ていると、不満から逃げたいと考える場合は失敗する人が多いようです。

確かに転職には問題を解決できるという部分はありますが、次の会社にいけば、また新しい問題に直面するということが挙げられます。

 

プラス思考な転職が成功しやすい

ポジティブな、年収を高めるためなどの転職は成功する事例が多い傾向にあります。

マイナスの要因を無くすのではなく、自分の実力を頼りに自分を囲む環境をプラス要素に変換しようと行動しているからと言えるでしょう。

 

冷静に状況を考え見極めてから活動をする

しかし新卒や、その業界が初めての状態での転職とは事情が異なります。

業界の慣習や、どの勢力が強いなどの事情を熟知していることが大きな要因になるでしょう。

募集要項に記載されていない部分についても業界経験者であれば、ある程度の推測が可能になるはずだからです。

転職をするなら早いに越したことはないですが、焦らず、冷静に転職して勤務開始後の状況を考えて、起こりうるリスクについてもしっかりと見極めてから動くことがオススメです。