残業したくない!と思ったら自分に合った会社を転職サイトで探す

最近の求人情報としては優良条件の企業が続々と出てくる傾向や風潮が強いです。

退職理由の一つとして現状の就業条件より、更に良い就業条件で働きたいと思うことは全く悪いことではありません。

タイミングや条件さえマッチすればキャリアアップのためや給与アップのために転職という選択を検討されている方も多いのが現代の転職業界の動向と言えるでしょう。

現状よりもっといい条件で働きたい

 

退職を考える理由としてよく挙げられているのは、待遇面や福利厚生など給与に関する問題や残業など就業環境に関する不満です。

また、上司などの人間関係によるストレスなどが多く挙げれらているようです。

 

家庭の事情等も転職を考える理由に

他には自分自身のスキルの向上やさらにレベルアップした広い領域で仕事がしたい、起業したいという方もいるでしょう。

現状では出世ポストがないなどの向上意欲を転職の理由としている内容も少なくありません。

また、家庭の事情(育休・産休制度)などで仕事が休めない、有給休暇が取れない、引っ越しや転勤など、一見自分自身の業務とは関係のないところでの問題でも転職を考える方が増えてきているのが現状です。

 

転職が身近なものとして認識されている

昔と違って現代の社会情勢は体育会系の思考ではなく、雇用者のストレスを軽減し、より働きやすい環境づくりに尽力しようという企業精神をもつ企業が増えてきています。

転職というものがより身近なものとして認識されているようです。

おそらく昔に比べると「転職」という選択肢は皆さんの中にも浮かびやすくなってきているのではないでしょうか。

 

無くならない残業問題

 

企業で働く中で、「残業」が最近では特に大きく問題視されています。

特定の業界に限らず、会社の成長や企業規模の拡大に伴い、人員難に悩まされている企業は大勢います。

 

人手不足による残業問題

思うように採用も進まず、人手不足はどんどん深刻なものとなり、既存のスタッフで補わなければなりません。

結果、過剰労務になり長時間残業というサイクルに繋がってしまうようです。

アルバイトやパートのような雇用条件であれば残業は対価としてしっかりと手当が支給されますが、社員となると上限の残業代以外の手当ては支給されることも少なく、サービス残業となってしまうことが殆どです。

こういった就業環境についてストレスを抱えている方も多いのです。

 

残業が原因での転職も増えています

なかには残業が出来ない事情のある方もいる中で、職場の雰囲気が残業しないことを許さないような部分もあるのも実情として捉えられています。

しかし世間の風潮が少しづつ変わり、改善努力に策を講じている企業が増えてきていますし、国単位でも「残業」は重大な課題であるという認識があります。

そういった風潮なので転職に至るケースも珍しくない環境と言えるでしょう。

 

まずは転職サイトで自分に合った仕事を探す

 

転職の理由は人それぞれに理由があります。

激しい時代ニーズに合わせて、環境も激しく変化してきます。

 

自分の人生をより良く生きるために転職を

退職に至るまでの理由も自身を囲む環境や事情により、やむ得ないことなのです。

世間体を気にし過ぎること無く、自分の気持ちや目的としっかりと向かい合うことが大切でしょう。

以前のような一つの企業で定年まで長く務めるという認識が風化しつつある現代です。

今や会社のためにというよりは、自分の人生をより良く生きるために、仕事を通して何が出来て、何がプラスになるのかに重きを置くことが主流になってきているといえます。

 

楽しいと感じるビジネスライフに

多様な働き方が重要視されています。

結果それが会社の経営利益に結びつくことに繋がることになるのではないでしょうか。

自分が何がしたいのか、掲げている目標を達成するためには、どうしたらよいのかを改めて考えてみて、自分と会社がお互いにギブ&テイクな関係を構築でき、更に楽しいと感じられるビジネスライフを送ることが一番の理想なのではないでしょうか。