正社員になりたいなら紹介予定派遣|通常の派遣との違い

MENU

正社員になりたい人必見!紹介予定派遣の仕組みと派遣との違い

紹介予定派遣ってどんな仕組みになっているのか?

 

高校や大学の新卒採用で正社員を雇用する企業が一般的ですが、高卒だと数年で約半数、大卒でも3年で3割の社員が離職する時代です。
我慢が足りないという人もいますが、ブラック企業も存在するため、働く方も慎重になっています。

 

このような時代の流れを受け、派遣会社でも正社員登用が可能な紹介予定派遣というものがあるのです。
紹介予定派遣とは、正社員になりたい方が一定期間、派遣社員として働き、その働きぶりを企業が見てから正社員として働いてもらうかどうかというのを決めるというものになります。

 

働く方も、仕事の内容や人間関係など、決められた期間の中で確かめながら働けるので、長く働けるかどうか見極める事ができるのです。
一方、企業側も学歴や資格だけではなく、

  • 働きぶりや他の社員と打ち解けていけるか
  • 長く働いて欲しいと思える人材かどうか

などを一定期間の間に審査します。
面接や履歴書だけではなく、実際にお互いが仕事や働き方を見ることで選ぶことができる為、採用後の離職率も少なくなるのです。
大企業でも紹介予定派遣を増やしている傾向があります。

 

これからますます紹介予定派遣の需要が増えると言われています

通常の派遣と紹介予定派遣の違いについて

通常の派遣社員と紹介予定派遣による派遣社員では、大きく違いがありますが、どんな違いなのでしょうか?
次の3つが通常の派遣と紹介予定派遣の違いとして上げられますので確認してみましょう。

  1. 事前面談の有無
  2. 直接雇用の手続き
  3. 派遣期間

通常の派遣の場合、企業による事前面談は禁止になっています。
一方、紹介予定派遣の場合、企業側は履歴書の確認ができるほか、事前面談を行う事もできるのです。

 

期間終了後に正社員として働くかもしれない人材なので、きちんと企業側も選んでから紹介予定派遣の契約をします。
次に、通常派遣と紹介予定派遣の違いとしてあるのが直接雇用の手続きです。

 

通常の派遣だと派遣期間内に企業が直接雇用を行いたいと思っても、派遣期間が終わらない限り手続きができません。
しかし、紹介予定派遣の場合、派遣期間内であっても両者の合意があれば、直接雇用する事ができます

 

最後に、通常派遣と紹介予定派遣の派遣期間についてご紹介しましょう。
通常の派遣の場合、派遣期間は最長で3年と決められています。

 

一方、紹介予定派遣の場合、派遣期間は最長で6ヵ月です。
これは、紹介予定派遣が正社員登用の為の使用期間という考えなので、6ヵ月も使用すれば仕事ぶりも判ります。

 

また、紹介予定派遣期間を満了した後は、企業側が直接雇用するかどうか判断する事になるのです。
派遣社員の場合は、期間終了後も派遣社員として働くことができます。

 

しかし紹介予定派遣の場合、直接雇用されるか断るかのどちらかになります。
紹介予定派遣期間終了後に派遣社員や紹介予定派遣社員として働くことが禁止されています。

 

通常の派遣社員と紹介予定派遣ではこのような3つの違いがあります。
近年では、長く働ける所で働きたいという派遣社員の要望と長く働いてくれる社員が欲しいという企業とのマッチングにより、多くの企業で紹介予定派遣に力を入れています

 

通常派遣と紹介予定派遣の違いを理解したうえで、どちらが良いのか選ぶ事が可能です

大企業で働けるかも!紹介予定派遣で正社員になろう

一般的な就職の場合、事前に送るエントリーシート・履歴書など書類で選考を突破しなければいけません。
当然、有名大学卒などの高学歴が有利となります。

 

どんなに人柄がよくても、働く意欲があっても学歴が原因で落とされることも多いです。
さらに、やっと就職した人の中でもやめる人は多いです。

 

就職活動中は有名で給与が高く、良い企業だと思ったのに、実際働いてみれば自分には合わないと気付く人もいます。
ハローワークで仕事を紹介してもらったとしても、自分に合わないと思えば、企業を転々とすることになります。

 

そこで、おすすめなのが紹介予定派遣です
紹介予定派遣なら、派遣期間の途中でも自分に合わないと思えば契約解除するだけで退職したことにはなりません。

 

また、最長6か月間使用期間として働くことができ、自分も企業も望めば正社員に派遣期間途中でもなることができます
大企業は、紹介予定派遣社員を派遣してもらって、実際の仕事ぶりを見てから採用したいという考えが定着しつつあるのです。

 

人材は、仕事をさせてみないと判らないという企業と働いてみないと判らないという雇用者をマッチングさせる方法が紹介予定派遣と考えて良いでしょう。
お給料をもらいながら仕事の流れを紹介予定派遣期間につかむことで、いきなり就職するよりスムーズに仕事を行う事もできるのです。

 

紹介予定派遣の場合、新卒に比べるとそこまで学歴にこだわることもありません
大企業でも正社員として働けるチャンスかもしれません。

 

一定期間、色々な企業で働きたいという人は通常の派遣社員として働くのが良いです。
しかしいずれは正社員になって働きたいという人は紹介予定派遣を選んだ方が良いでしょう。

 

>>評判の良い派遣会社の詳細はコチラから<<

紹介予定派遣ってどんな仕組みになっているのか?高校や大学の新卒採用で正社員を雇用する企業が一般的ですが、高卒だと数年で約半数、大卒でも3年で3割の社員が離職する時代です。我慢が足りないという人もいますが、ブラック企業も存在するため、働く方も慎重になっています。このような時代の流れを受け、派遣会社でも...

無期雇用派遣とはどんな派遣?正社員とどう違うのか?無期雇用派遣とは?正社員との違い皆さんは、無期雇用派遣という言葉を聞いたことがあるでしょうか?平成25年4月に改正された労働契約法によって、有期労働契約が5年を越える場合、労働者からの申し込みによって無期雇用派遣に転換でき、使用者は断れません。期限の...